農業コース


 

食農科学科 農業コース

地域農業の活性化に貢献できる人材を育成

 


Q&A

   Q1 コースの特長や利点は何ですか?

   1 生産から加工・販売まで、実習を主として総合的に学習するため、

     農業に関する幅広い知識と技術の習得が可能です。

     植物工場での栽培や新設されたトマトやイチゴのロックウール水耕

            栽培など様々な営農方ど、先端の分野も学ぶことができます。

 


  Q2 どのような資格が取得できますか?

  A2 これからの農業を担う人材育成に欠かせない検定として関係機関から

           注目されている日本農業技術検定や、土壌医検定、フラワー装飾技能士、

           危険物取扱者,毒物劇物取扱者などの資格が取得できます。

 


  Q3 卒業後、どのような進路がありますか?

  A3 高校時代の学習内容を活かし、野菜や草花関連の農事法人や農業関連企業

     などへの就職、そして、農業系を中心とした大学進学も可能です。

     また、ふくい園芸カレッジとの連携により、将来就農への道も開けます。

 

 


履修科目例 学  習  内  容
作    物 水稲と畑作物の栽培管理を中心に学習し、品質や生産性向上を考えていきます。
野     菜 季節に応じた野菜の栽培管理を中心に学習し、品質や生産性の向上を考えていきます。また、植物工場にやロックウール水耕栽培における栽培を通してICTを活用した次世代農業技術も学習します。

植物バイオ

植物の増殖能を利用する実践的な操作を中心に学習し、これからの農業の各分野で活用する力を養います。
草    花 季節に応じた草花の栽培管理を中心に学習し、品質や生産性の向上を考えていきます。また、絶滅危惧種の保全活動も行っている。
果    樹 山室農場でナシやブドウなどをの栽培管理を中心に学習し、品質や生産性の向上を考えていきます。

 

TOPIC

2018年

 プロジェクト発表会にむけての活動

  本校では福井県立大学と三重県の各団体とアゼオトギリの共同研究を行っています。

また、昨年度まで福井大学との共同研究でエチゼンダイモンジソウの保全活動を行ってい

ます。今年度は7月、8月にある農業クラブの大会で研究発表を行います。テーマは「絶滅

危惧種Ⅰ類の保全活動」です。

 

 


○研究の紹介

 ・アゼオトギリの保全活動

  アゼオトギリは絶滅危惧IB類に指定されている田のあぜに生える雑草です。

  9月には黄色い花を咲かせます。

  この絶滅危惧種を保全すべく活動を福井県立大学の吉岡先生のご指導の下行っております

  

  本校アゼオトギリ保全区        種子発芽パターン実験     生育・開花パターン実験

 

 ・エチゼンダイモンジソウの保全活動

   エチゼンダイモンジソウは絶滅危惧ⅠA類に指定されている山の岩肌に生える植物です。

   増殖などの保全活動を福井大学奥野先生のご指導の下行っています。 

            

           ちょうど開花しました      受粉作業

 

順化作業