情報システムコース

多種多様に変化する産業界で活躍する技術者を育成

情報システムコース   

 

コンピュータ・電気・機械まで幅広い分野の学習を行い、ICT(情報通信技術)・自動制御やロボットなど

産業界に対応できる実践的実習を行います。

 

コースの特長や利点

  • 電気・電子・シーケンス・マイコン制御・機械・生産管理など幅広い分野の基礎                       
  • システム開発手順、プログラミング技法
  • 自動制御技術・電子技術・工作・FA技術・コンピュータ技術の4分野の実習

       専門的なことが学べ、卒業後は即戦力となる人材を育成します。

コース紹介ビデオはこちらから

 

                                               

                         

                                                                      

アームロボット実習

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

シーケンス制御実習          

 

 

様々な資格の取得が可能
基本情報技術者試験やITパスポートなどの国家資格取得を目指します。
また、電気関係への就職に強い電気工事士やワープロ検定などの検定試験も取得できます。 

資格の補習を行い、資格を習得しやすい環境を作ります。

 

 第2種電気工事士実技試験補習

                                                                       

専門的学習 「実習」

8人から9人の4グループの分かれて学習します。
コンピュータ実習ではソフトウェアの活用として、

IoTなどのコンピュータグラフィックや三次元CADによる設計や解説、3Dプリンタなどを学びます。                                

                                                                

                                 

                                        

 

 

 

 

solidworksによる3次元CAD

 

 全体実習テスター製作

 

就職・進学 どちらも強い!
工業のコースの中で進学率が高いのは情報システムコースの特徴です。

3年生では長期企業実習(デュアルシステム週1回)があり、1年を通して、企業の仕事を行うことで、就職に有利になります。

進路割合

大学進学    17%

専門学校進学  20%        

公務員就職    4%                                

民間企業就職  59%

                    

 

 

                                                                                                      

                         

 面接練習

 

 SPI試験勉強

 先輩の話を聞こうの会

 

在校生の声

  • より深くWord,Excelを学ぶことが出来る。
  • 情報以外の勉強もするから興味をもつきっかけが出来る。(進路の幅が広がる)
  • 資格や進路のサポートが手厚い。
  • プログラミングが出来る。
  • 就職したら自分だけが出来る仕事があり、頼られる。

 

 

履修科目例

学習内容

生産システム技術

電気工事士・ネットワーク接続技術者を目指し、電気・通信の基礎を学びます。

プログラミング技術

コンピュータを操るソフトウェアを作る技術を学びます。

ソフトウェア技術

アプリケーション、データベース、3DCADを使う技術を学びます。

実  習

ネットワーク、コンピュータ、制御、電気、機械の技術を磨きます。

令和2年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 生徒会募金箱 坂井高校のキャラクター「四つ葉ちゃん」をイメージした募金箱。箱の材質は、木材で製作。サイドのボタンを押すと、文字と音声が出力できるように、Arduinoを使用しました。

2 アプリ開発 現在手書きで行っている作業導線の図作成を、比較的身近にあるExcelを用いて、簡単に作成できるソフトを作りました。

3 ブザー付きタイマー Arduinoでプログラムを組み、ダイナミック制御を用いて7セグメントで表示するタイマーを制作しました。カウントダウンで0秒になるとブザーが鳴るようにプログラムしました。野球部の後輩たちにはこれを使って成長してほしいです。
4

電子ドラムを使った

リズムゲーム

UnityをC#で動かし,ゲーム画面を制作しました。
バチで叩いて発生した振動をセンサで感知し,Arduinoで制御し、コンピュータへの入力信号を生成するゲームを制作しました。

5 自動ドア製作 Arduinoで人感センサーと圧力センサーを制御し、そのセンサーが反応することでドアを自動自動開閉することができます。アルミ板を加工しドアに固定できるよう作りました。

6 ドクターイエローの製作 木材と3Dプリンタ・3DCAD、UVレジンなど様々なものを用いて、このコロナ禍という状況で、人々を明るくするために黄色をモチーフとした、ドクターイエローをモデルとして製作しました。

7 トランプの仕分け
(スピード用)
Arduinoとカラーセンサーを用いて、カードの赤と黒の判別を行う機構です。それに加え、トランプゲームの一種であるスピードを遊べる機能を備えた土台を作りました。
8 PVE TPSゲーム Unreal Engine4というゲーム制作ソフトを使って三人称視点のガンシューティングゲームを作成しました使用言語はUE4での独自言語のブループリントという言語を使用しました。
9 TRYPODゲーム LEDの点滅によるルーレットに合わせて、ボタンを押すとサーボモーターが動き、商品をゲット。Arduinoで制御し、土台に木材を使用したTRYPODゲーム。

10 直売所管理システムの開発 様々なプログラミング言語を用いて直売所における生産者とその食材をデータで一元管理するシステムの開発をし、アプリとして提供しました。

 

令和元年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 ゴミニオン製作 手をたたく音を感知し、ゴミ箱が動きます。近づいて来たゴミ箱に手をかざすと捨て口が自動で開きます。リレー、Aruduino、センサを駆使し、親しみやすいよう見た目は、ミニオンにしました。その名もゴミニオンです。
2 ホラーゲーム制作 HSPを使い、色々な意味でホラーなゲームを制作しました。初心者には難しい仕様です。ノベルゲームなので色々な人が遊べるようにしました。
3 BSO制作 LEDを使って野球で使うBSOを製作しました。Bluetoothを使った最先端技術を用い、4人で力を合わせて魂こめて作りました。野球部のみんな大事に使ってね♡
4 球の試練 昔、テレビ番組で使われていた「鉄球の試練」というゲームをモチーフにして製作しました。工作だけでなくプログラムも取り入れました。どの年代でも楽しめる作品になっています。
5 アプリ製作 インターンシップでお世話になっているデイサービス業者の業務効率化のため、iOS用、開発環境「XCODE」を使い、体調管理のためのアプリを開発しました。
6 NO-FACE製作 江戸時代から伝わるからくり人形をビスやネジをほとんど使用せずに製作しました。3Dプリンターや木工以外にも、粘土やモーター制御を用い、情報科らしく様々な分野を使い分けて、一つ一つ仕上げていきました。
7 自動散水機の改良 農業コースで利用している、ビニ-ルハウス内の自動水やり機を製作しました。昨年の先輩が作った装置の改良と増量を行いました。壊れないことを第一にしっかりとした機構をつくりました。
8 自動演奏付き電子ピアノ製作 Arduinoを使い電子ピアノを製作しました。音の増幅とボリュームをつまみで変えられるようにしました。また、自動演奏もできるようにしました。
9 Flashゲーム制作 Actionscriptという言語と、Flashエディタを使い、シュ-ティングゲームを制作しました。少し敵が強いですが、簡単な操作で誰でも楽しめるようになっています。クリアを目指しましょう。
10 ピンボール製作 ピンボールを製作しました。フリッパーやバンパーもあり、LEDが点灯するなどの工夫をしました。点数が表示されるのでハイスコアを競えます。
11 KinectV2プログラム制作 KINECTを使ってゲームを製作しました。体や声を使いゲームを進めていくので子供でも楽しめるゲームができました。

 

 

平成30年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 反射神経ゲーム ランダムに光るLEDにあわせてスイッチを押していく、反射神経ゲームを作成しました。制御には2種類のAruduinoを使用し、時間表示には大型の7セグメントを用いました。子供でも簡単に楽しめるものにできあがりました。
2 トスマシン 自動でボールを投げてくれるトスマシンを製作しました。持ち運びが簡単にできるようにタイヤを取り付けたりといろいろと工夫しました。自己保持回路を使った作品です。
3 球体ロボ 球体型の動くロボットを製作しました。外側の球体も自作しましたが、地味な作業で大変でした。コントロールにマイコンを搭載し、BLE通信による携帯アプリ(Blynk)で操作できるようにしました。
4 赤外線ガンシューティング 制御にAVRマイコンを使用した、シューティングゲームです。
赤外線を発射する銃で、ランダムに出てくる受信モジュールを搭載した的を、撃って倒します。子供から楽しめるゲームです。
5 SmartBall 子供達が楽しく遊べるように、シンプルなスマートボール作品に仕上げました。キャラクターを描いたり、LEDが点灯するなどの工夫をしました。シンプルだからこそ難しい部分もあり、苦労しました。
6 自動散水装置 農業コースで行われている草花の水やり。季節によって上げる時間や回数が変わり大変であると聞きました。そこで、シーケンス制御による自動水やり、水の排出装置を作製しました。四季に応じた時間設定も行いました。
7 電気自動車 子供でも乗れるようにワイパーモータを使い速度があまり出ないので安全に楽しく運転することができます。またハンドルを使わずにジョイコンを使ったので操作性も抜群です!ほかにもデザインとして車体の前後横にLEDを入れました。
8 電動スケボー 自動で動くスケートボードを作成しました。誰もが一度は考えたことのある、あのスケボーを今この手に……
9 PKマシン PKゲームを製作しました。子供でもボタンで簡単に動かせるため、みんなで楽しめるゲームです。二人で対戦形式ですので熱く対戦することができます。
10 アームレスリング アームレスリングマシンを製作しました。センサーによって勝ち負けの判断ができる作品になっており、その他にも点数が入ったら音がなるなど、いろいろなプログラムを配線しました。
11 運搬補助ロボット オムニホイ-ルという特殊なタイヤを使用し、全方位移動を可能にしました。
操作は、ジョイスティックによって、直感的に出来ます。また、荷物置き場は、パンダグラフ機構により、上下します。