情報システムコース

多種多様に変化する産業界で活躍する技術者を育成

情報システムコース   

 

コンピュータ・電気・機械まで幅広い分野の学習を行い、ICT(情報通信技術)・自動制御やロボットなど

産業界に対応できる実践的実習を行います。

 

コースの特長や利点

  • 電気・電子・シーケンス・マイコン制御・機械・生産管理など幅広い分野の基礎                       
  • システム開発手順、プログラミング技法
  • 自動制御技術・電子技術・工作・FA技術・コンピュータ技術の4分野の実習

       専門的なことが学べ、卒業後は即戦力となる人材を育成します。

 

                                               

                         

                                                                      

 

 

 

 

 

  アームロボット実習      

 

 

 

 

 

 

 シーケンス制御実習          

 

様々な資格の取得が可能
基本情報技術者試験やITパスポートなどの国家資格取得を目指します。
また、電気関係への就職に強い電気工事士やワープロ検定などの検定試験も取得できます。 

資格の補習を行い、資格を習得しやすい環境を作ります。

 

 第2種電気工事士実技試験補習

                                                                       

専門的学習 「実習」

8人から9人の4グループの分かれて学習します。
コンピュータ実習ではソフトウェアの活用として、

IoTなどのコンピュータグラフィックや三次元CADによる設計や解説、3Dプリンタなどを学びます。                                

                                                                

                                 

                                        

 

 

 

 

solidworksによる3次元CAD

 

 全体実習テスター製作

 

就職・進学 どちらも強い!
工業のコースの中で進学率が高いのは情報システムコースの特徴です。

3年生では長期企業実習(デュアルシステム週1回)があり、1年を通して、企業の仕事を行うことで、就職に有利になります。

進路割合

大学進学    17%

専門学校進学  20%        

公務員就職    4%                                

民間企業就職  59%

                    

 

 

                                                                                                      

                         

 面接練習

 

 SPI試験勉強

 先輩の話を聞こうの会

 

在校生の声

  • 商業よりWord,Excelなど深く学ぶことが出来る。
  • 情報以外の勉強もするから興味をもつきっかけを出来る。(進路の幅が広がる)
  • サポートが手厚い。
  • プログラミング出来る。
  • 就職したら自分だけが出来る仕事があり、頼られる。

 

 

履修科目例

学習内容

生産システム技術

電気工事士・ネットワーク接続技術者を目指し、電気・通信の基礎を学びます。

プログラミング技術

コンピュータを操るソフトウェアを作る技術を学びます。

ソフトウェア技術

アプリケーション、データベース、3DCADを使う技術を学びます。

実  習

ネットワーク、コンピュータ、制御、電気、機械の技術を磨きます。

 

平成30年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 反射神経ゲーム ランダムに光るLEDにあわせてスイッチを押していく、反射神経ゲームを作成しました。制御には2種類のAruduinoを使用し、時間表示には大型の7セグメントを用いました。子供でも簡単に楽しめるものにできあがりました。
2 トスマシン 自動でボールを投げてくれるトスマシンを製作しました。持ち運びが簡単にできるようにタイヤを取り付けたりといろいろと工夫しました。自己保持回路を使った作品です。
3 球体ロボ 球体型の動くロボットを製作しました。外側の球体も自作しましたが、地味な作業で大変でした。コントロールにマイコンを搭載し、BLE通信による携帯アプリ(Blynk)で操作できるようにしました。
4 赤外線ガンシューティング 制御にAVRマイコンを使用した、シューティングゲームです。
赤外線を発射する銃で、ランダムに出てくる受信モジュールを搭載した的を、撃って倒します。子供から楽しめるゲームです。
5 SmartBall 子供達が楽しく遊べるように、シンプルなスマートボール作品に仕上げました。キャラクターを描いたり、LEDが点灯するなどの工夫をしました。シンプルだからこそ難しい部分もあり、苦労しました。
6 自動散水装置 農業コースで行われている草花の水やり。季節によって上げる時間や回数が変わり大変であると聞きました。そこで、シーケンス制御による自動水やり、水の排出装置を作製しました。四季に応じた時間設定も行いました。
7 電気自動車 子供でも乗れるようにワイパーモータを使い速度があまり出ないので安全に楽しく運転することができます。またハンドルを使わずにジョイコンを使ったので操作性も抜群です!ほかにもデザインとして車体の前後横にLEDを入れました。
8 電動スケボー 自動で動くスケートボードを作成しました。誰もが一度は考えたことのある、あのスケボーを今この手に……
9 PKマシン PKゲームを製作しました。子供でもボタンで簡単に動かせるため、みんなで楽しめるゲームです。二人で対戦形式ですので熱く対戦することができます。
10 アームレスリング アームレスリングマシンを製作しました。センサーによって勝ち負けの判断ができる作品になっており、その他にも点数が入ったら音がなるなど、いろいろなプログラムを配線しました。
11 運搬補助ロボット オムニホイ-ルという特殊なタイヤを使用し、全方位移動を可能にしました。
操作は、ジョイスティックによって、直感的に出来ます。また、荷物置き場は、パンダグラフ機構により、上下します。

 

平成29年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 農業とIOT ラズベリーパイを使って農業科と自動車科と連携し、自動水やり機をつくった。湿度が低いと自動で水を出すシステム

2 IOTと小型船 SolidWorksを用いボディをすべて自分たちで設計・製作し、ESP-WROOM-02を用いて、Wi-Fi環境を構築し、端末から操作できるようにした船の製作

3 C++によるSRPG製作 C++を使いSRPGを製作。マップやキャラなどを作成

4 Flashによる音楽ゲーム製作 FlashActionScriptを利用し、音楽ゲームをソフト本体、デザイン操作部を全て製作

5 球体ロボット スターウォーズのBB-8を参考にしてモーターを使い、遠心力を生み出すことで球体を動かせるようにした

6 ミュージシャンロボット 森の音楽隊をコンセプトに、楽器を持った人形が音楽に合わせて動くロボットをArduino等を用いて作成した

7 赤外線による
サバイバルゲームベルト
赤外線を用いて銃を作成し、Arduinoを使用して当たり判定を作成した。大人も子供も楽しく遊べるサバイバルゲーム

8 抽選機付きコインゲーム ゲームセンターにあるコインゲーム機をモデルに作成した。小さい子でも遊べるように抽選機をつけた

9 Bluetoothによる
対戦型戦車の製作
Aruduinoを使用することでのBluetooth通信による操作を可能とした対戦型戦車ラジコンの製作およびAndroidによる操作画面の製作

10 HSPによる
シューティングゲーム製作
HSPを用いて簡単なシューティングゲームを作成

11 ポケモンシューター 手で投げるのではなく発射台機構を使いボールを発射し一定距離の飛行に成功させることを目指し、それを用いゲームを作成した

 

平成28年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 ボウラード Arduinoを使用し点数をモニターに表示することができるビリヤード台の製作

 

2 稲の成長記録アプリの開発 C#を利用して稲の成長(米の種類・草丈・分げつ数・田んぼの水位)管理アプリの開発

 

3 エアーホッケ-の製作 ゲームセンターにあるエアホッケーのように板に穴を開けそこから空気を送り込みパックが滑るように製作

 

4 HSPによるプログラミング HSPを用いて簡単なシューティングゲームを作成することで、必要なプログラムの構成を理解する

 

5 ドローン制御と製作 既製品のドローンの制御とそのドローンを自分たちで作成した部品を使用して制御できるプロペラを作成

 

6 災害救助ロボットの製作 災害時に被災した人間を探索したりすることを目的として設計し、瓦礫や建物内の中を移動するための移動機構や、人間を発見するためのカメラを搭載した探査機を製作

 

7 対戦型もぐらたたきの製作 モグラを出す側と、叩く方の側の対戦ゲームで、幼児も遊べるように回路の中に速さ調整機能を付け、パーツの一部品を3Dプリンタで製作

8 ポケットルーレットの製作 ArduinoやドライバーICを使用し、DCモータ、LEDを制御し、ルーレットやアームを動かし、景品を獲得する機械を製作

 

9 Kinectによるリズムゲーム KinectとVBで体を使って遊べるリズムゲームをつくった。子供でも遊べるような簡単な仕組みを作った

 

10 稲の土湿調査~Arduinoを用いた遠隔操作 Arduinoを使用し、気温・湿度・土湿をセンサから取得。カメラでの撮影機能と水遣り機能の実装。Web上で管理