福井県立坂井高校 山室農場紹介

山室農場紹介です。

山室農場は、昭和19年(1924年)に福井県立坂井農学校の農業実習候補地として、細呂木村山室(現在のあわら市山室)に選ばれ、翌年4月に山室農場として設置されました。

勤労観や職業観を形成する目的で農業コースと食品コースが本農場において、実践的・体験的な農場実習を行っています。

現在栽培している作物は、梨(豊水・新興)で90a、葡萄(藤稔)20a、栗39a、普通畑347a、原木園48aです。

収穫販売時期は、8月下旬に葡萄、9月上旬に豊水、11月上旬に新興です。

数量が少ないですし完全完熟で収穫のため限定販売となっています。

本校生徒が優先ですが、一般の方々にもできる限り多くの方に食していただきたいので機会がございましたらお買い求めのほどよろしくお願いいたします。

また、スモークや巻きストーブ等で使用したい方に伐木した木や剪定した枝を無料にてお渡しいたしますのでご利用ください。