情報システムコース

ICT(情報通信技術)とFAシステム(工場自動化)で地域に貢献する。・・情報システムコース

コンピュータ・電気・機械まで幅広い分野の学習を行い、自動制御やロボットなど産業界の変化に対応できる実践的な技術者を育成します。

 

Q コースの特長や利点は何ですか?
A プログラミング、シーケンス、マイコン制御、工作機械の基本的な加工技術など、 ものづくり+制御ができることを目標にしています。

 

 

Q どのような資格の取得が可能ですか?
A ネットワーク接続技術者やITパスポートなどの国家資格取得を目指します。また、電気関係への就職に強い電気工事士やビジネス文書実務検定などの検定試験も取得できます。

 

 

Q 実習では、どんなことをしますか?また、進学は可能ですか?
A コンピュータ実習ではソフトウェアの活用として、コンピュータグラフィックや三次元CADによる設計や解析を学びます。また、工業のコースの中で進学率が高いのも情報コースの特徴です。

 

 

履修科目例

学習内容

生産システム技術

電気工事士・ネットワーク接続技術者を目指し、電気・通信の基礎を学びます。

プログラミング技術

コンピュータを操るソフトウェアを作る技術を学びます。

ソフトウェア技術

アプリケーション、データベース、3DCADを使う技術を学びます。

実  習

ネットワーク、コンピュータ、制御、電気、機械の技術を磨きます。

 

平成28年度 課題研究テーマ一覧

  テーマ 研究概要  
1 ボウラード Arduinoを使用し点数をモニターに表示することができるビリヤード台の製作

 

2 稲の成長記録アプリの開発 C#を利用して稲の成長(米の種類・草丈・分げつ数・田んぼの水位)管理アプリの開発

 

3 エアーホッケ-の製作 ゲームセンターにあるエアホッケーのように板に穴を開けそこから空気を送り込みパックが滑るように製作

 

4 HSPによるプログラミング HSPを用いて簡単なシューティングゲームを作成することで、必要なプログラムの構成を理解する

 

5 ドローン制御と製作 既製品のドローンの制御とそのドローンを自分たちで作成した部品を使用して制御できるプロペラを作成

 

6 災害救助ロボットの製作 災害時に被災した人間を探索したりすることを目的として設計し、瓦礫や建物内の中を移動するための移動機構や、人間を発見するためのカメラを搭載した探査機を製作

 

7 対戦型もぐらたたきの製作 モグラを出す側と、叩く方の側の対戦ゲームで、幼児も遊べるように回路の中に速さ調整機能を付け、パーツの一部品を3Dプリンタで製作

8 ポケットルーレットの製作 ArduinoやドライバーICを使用し、DCモータ、LEDを制御し、ルーレットやアームを動かし、景品を獲得する機械を製作

 

9 Kinectによるリズムゲーム KinectとVBで体を使って遊べるリズムゲームをつくった。子供でも遊べるような簡単な仕組みを作った

 

10 稲の土湿調査~Arduinoを用いた遠隔操作 Arduinoを使用し、気温・湿度・土湿をセンサから取得。カメラでの撮影機能と水遣り機能の実装。Web上で管理